思考と欲望の狭間

Twitterじゃできないような頭の整理や日常のことを

「宗教社会学のすすめ」を読んで

 この本は私が受験直前に息抜きとして図書館で借りたのだが、受験が終わってからは2/3ほど読んだ後ずっと放置していて、最近図書館から催促状が来てしまったので慌てて読みなおした。

 以下、本書の紹介文から

宗教にあまり接したことがない人は、宗教の問題はそう複雑ではないと思うかもしれない。しかし、その歴史や実態について知れば知るほど、その奥行きは深く、また混沌としてくる。それは人間生活のほとんどあらゆる側面に関わりをもっているとさえ言えるのである。宗教と呼ばれる現象が生み出している、まさにカオス的状況に絶えずなんらかの秩序ないし説明可能な現象を読み取ろうとする「宗教社会学」―情報時代に求められる宗教への新しいアプローチ。

  紹介文の通り、本書はこれから宗教社会学を修めようとする者への入門書となっており、まず宗教に対する一般的なイメージや偏見について述べ、誤りを修正した後、世界各地の宗教が歴史的にどのような展開したかに触れ、ウェーバーやデュケルムなどの過去の社会学者が提唱した理論を用いながら社会の中で宗教が果たしてきた役割を説明した後、まとめとして実際に宗教社会学として各宗教を調査するときにどのような方法を用いいればよいのかを解説してくれている。

  あくまでも入門書としての位置づけなので、途中までは宗教社会学について軽く触れるのみで、あまり深くは述べておらず、宗教社会学に親しみを持ちやすいように書かれている。正直、今まで宗教関係の本を読んできた人にはあまりにも既知な内容で面白みには欠けるかもしれない。しかし本書の肝は最後の章に記されている実際に宗教を調査する方法であると思う。宗教の種類や状況に合わせた調査方法、調査する際の注意点や心構え、そしてこれから宗教社会学への学びをより深めていくための書籍が多く記されている。

 その中でも特に私がはっとさせられたのは、「宗教調査とは、調査するものとされるものの世界観の対決である」という箇所だ。宗教に関する事柄、特に個人の進行に関することはあまりにもデリケートなもので、質問する際にも最善の注意を払わなければならない。そしてその質問そのものも、質問する側の宗教観やその宗教に対する評価によって変わってくるので、自ずと相手から得られる調査結果も大きく変わってくることになる。

 私の大学での研究テーマは、「メディアを使って日本社会へ宗教の現状を認知してもらい、日本人特有の宗教アレルギーを軽減する」ことであり、大学での研究、また将来カトリック司祭になった後の研究過程でも、自身が所属するカトリックのみならず、他の様々な宗教を調査することは避けて通れない。その中で、私がカトリックであることに嫌悪感や警戒感を抱く人もいるだろう。中には調査すらさせてもらえない可能性もある。調査を円滑に進め、より良い研究結果を得るためにも、本格的な調査を始める前に、各宗教に対しの理解を徹底的に深め、知識をつけていくことが大前提である。

 また本文に

宗教調査は、自分の宗教観ないし世界観の再構成へと道が通じている。研究者がインフォーマントに出会って、「無傷」で帰還する、つまり自らの宗教観、世界観に何らかの変化も生じなかったとなると、むしろその調査は、それほど意義深いものではなかったとさえ言いうる。

  とあるように、調査を行っていくことで研究ためのみならず、自己の宗教観を広げることができ、カトリックの司祭としてより良い宗教活動(教会での信者への教育など)を行っていくことができるだろう。

 本書はこれから宗教学を学んでいこうとする私に大きな心構えを教えてくれた。これからも大学でのメディアの研究と平行して、さらに宗教への学びを進めていく所存だ。

 

宗教社会学のすすめ (丸善ライブラリー)

宗教社会学のすすめ (丸善ライブラリー)